サロン・マイルストーン | ミディアム(霊能者)鹿島晃の、心と身体のケアサロンです。
HOME プロフィール
ブログ必ずお読み下さいお問い合わせ
プロフィール
鹿島晃と愛犬ジンジャー
鹿島 晃のプロフィール

ミディアム(霊能者)、レイキヒーラー、某アメリカ航空会社客室乗務員、通訳、司会(タレント)

1969年8月10日 大阪生まれ

初めてスピリチュアルなことに関心を持ち始めたのは、レイキ(ハンドヒーリング)を習い始めた頃、30歳を越えた時でした。
レイキを始めたいと思ったきっかけは、大好きなおばあちゃんに何かしてあげたいという単純な理由。
でも、ハワイでレイキを学び始めると、僕の先生の先生がチャンネリングできたのです。
チャンネリングとは、神や霊につながりメッセージをもらうということ。
この先生からは沢山のメッセージや刺激をもらい、もっともっとスピリチュアルについて知りたいと思ったものです。

この頃から、沢山の本を読んだりスピリチュアルを教えてくれる学校に行ったりしながら、レイキヒーリングを できるだけ多くの人で練習しました。
同時期に、日本に招待されてくるイギリス人ミディアム(霊能者)の通訳をするという経験はとても大きな収穫となりました。

2007年12月。 あるイギリス人ミディアムに「君は一年以内に霊能力が開発され、人に教えるようになる」と言われました。
2008年1月にインドで”アガスティアの葉”という人の過去や未来について書かれた葉っぱを見つけに行き、
同年6月に、霊感のある友人が私の守護霊(私達の人生を見守り、時には学びの場を作ってくれる霊達)からのメッセージを伝えてくれました。
その内容とは、私がこの人生で、霊能力を使い色々な人を助けていくこと。 その時期が、もう来ていること。

それから10日間ほどして、ある日、自分の中に霊能力に初めて気づきました(もともとあったのに気づいていなかっただけでしたが)
その後は、どんどん気づきが進み2009年サロン・マイルストーンを開き、本格的にリーディングとヒーリングを始めたのです。

今は、ミディアム以外に某アメリカ航空会社での客室乗務員・通訳・司会(タレント)の仕事をしています。
通訳や司会の仕事を今までしてきたのは、ミディアムとして働くための練習をさせられていたようです。
ミディアムとは、亡くなった方や守護霊達の言葉を通訳として伝える仕事ですよね。

2009年11月、イギリスにあるArthure Findlay Collegeで1週間ミディアムのトレーニングを受けてきました。
イギリスのミディアムの考え方は、日本のものと大きく違うところもあり、とても良い刺激となり勉強になりました。

サロンには、口コミやブログを通して多くの方にお越しいただいています。

2014年から、その人に必要な天然石でオリジナルブレスレット、Ka lewa(カ レヴァ・ハワイ語で宇宙)の販売を始めました。自分に必要な石を持つことで宇宙と繋がっていく。そんなお手伝いができることを願っています。

2017年1月に著書「守護霊リーディング」が発売されました。
スピリチュアルの多くの疑問にお答えしています

これからも色々なものを吸収しながら、ミディアム鹿島晃としてのスピリチュアリズムを広げていき、多くの方と楽しくサロンを盛り上げていきたいと思います。

 鹿島晃のブログ Medium's Life サロン・マイルストーンのブレスレット販売 リーディングの様子

HOME|プロフィール|スピリチュアリズムリーディングブレスレット販売勉強会などブログ必ずお読み下さいお問い合わせ
copyright(C)2010 Salon MileStone.All Right Reserved.